『ライオン・キング(2019)』の動画フル(字幕・日本語吹き替え)の無料視聴や配信サービスは?

この記事では、『ライオン・キング(2019)』の動画を無料で視聴する方法を掲載します。

『ライオン・キング(2019)』の動画を見ることができるVODサービスは、次の通りです。

VODサービス配信比較表(2020年8月時点)

配信の有無 サービス内容
Disney+
(ディズニープラス)
見放題
吹き替えのみ
月額700円
31日間無料
U-NEXT ポイント利用で無料
字幕・吹き替え
月額1,990円
31日間無料

上記の表は、『ライオン・キング(2019)』が配信されているおすすめ上位2社を比較したものです。

字幕で見るか、吹き替えで見るかのお好みによってサービスを選ぶと良いでしょう。

ここでは、Disney+ (ディズニープラス)について解説します。

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスで、ディズニー好きには特におすすめのサービスです!

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作のほか、ここでしか見られないオリジナル作品も見放題で、初回31日間は無料*で利用することができます。
*dアカウントで入会した場合、初回のみ初月無料となります。

さらに、dアカウントで入会すると、Disney+ (ディズニープラス)だけでなく、アプリ「Disney DX(ディズニーDX)」も利用することができるんです。

→ライオン・キング(2019)をDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラスで『ライオン・キング(2019)』以外に楽しめる作品

Disney+(ディズニープラス)に登録すれば、『ライオン・キング(2019)』以外にも、視聴できる人気の映画作品が数多く用意されており、関連作品や話題作も視聴することができます。

ディズニープラスで見ることができるおすすめのディズニー作品

  • マレフィセント2
  • ライオン・キング
  • ベイマックス
  • リトル・マーメイド

Disney+ (ディズニープラス)にdアカウントで入会すると、DisneyDXアプリも使えるので、

  • 壁紙やスタンプなどのデジタルコンテンツが楽しめる
  • 新着情報(ディズニーの映画・動画・作品トリビアなど)をタイムリーに知れる
  • ディズニーホテル優待など会員限定の特典を受けられる
  • 会員さま向けのイベントや展示会への参加
  • 会員だけが購入できる限定商品の販売
  • 特別映像が見られる

など、幅広いコンテンツも楽しむことができ、ディズニー好きには、イチオシのサービスです!

視聴可能なデバイスは、テレビ、スマホ、タブレット、PCなど、最大5台まで登録でき、同時視聴は4台まで可能なのもおすすめの理由です。

→ライオン・キング(2019)をDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

Disney+ (ディズニープラス)

『ライオン・キング(2019)』の作品紹介

『ライオン・キング(2019)』のストーリー・あらすじ

命あふれるサバンナの王国プライドランド。未来の王<シンバ>は、ある“悲劇”により父<ムファサ>を失い、王位を狙う闇に生きるライオン<スカー>の企みにより王国を追放されてしまう。
新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。
王となる自らの運命に立ち向かうために―。
世界中で愛され続けているディズニーの傑作が、フルCGによる驚異の“超実写版”で甦る。
「サークル・オブ・ライフ―命のつながり」をテーマに、運命に立ち向かう物語とそれを彩る数々の名曲に、世代も国境も超えて、すべての人の心に響く唯一無二の感動エンターテイメント!
※この作品には、激しい光の点滅を伴うシーンがあります。ご注意ください。
2019年製作。

『ライオン・キング(2019)』の登場人物と声優

どんな声優さんが吹き替えをやっているかもディズニー作品の魅力の一つです。

『ライオン・キング(2019)』の登場人物(キャラクター)と声優もこちらで紹介します。

声優
吹き替え
アジジ : 白熊 寛嗣
カマリ : 加瀬 康之
ザズー : 根本 泰彦
サラビ : 駒塚 由衣
シェンジ : 沢城 みゆき
シンバ : 賀来 賢人
シンバ(子供時代) : 熊谷 俊輝
スカー : 江口 洋介
ティモン : (ミキ) 亜生
ナラ : 門山 葉子
ナラ(子供時代) : 小林 星蘭
プンバァ : 佐藤 二朗
ムファサ : 大和田 伸也
ラフィキ : 駒谷 昌男
制作陣 制作監修 : 須藤 景子
演出 : 向山 宏志
翻訳 : 佐藤 恵子
翻訳監修 : Hubbert James
訳詞 : 片桐 和子
音楽演出 : 市之瀬 洋一

『ライオン・キング(2019)』の感想

  • 小さいころのシンバがとても愛らしく、CGとは思えないほどリアルで大人でも楽しめました!実際に動物を使っているといわれても納得してしまうほどの出来で映像美だけでも大変楽しめました。
  • 物語は予定調和的なものでしたが画像が素晴らしいです。妻と二人で観ていて、どこまでが実写でどこからがアニメなのか分からないところがありました。この映像美と技術だけでも見る価値のある映画だと思います。
  • 賀来賢人さんや佐藤二郎がとても大好きです。シンバやティモンとフンバがハクナマタタをとても楽しそうに歌っているので面白く観ることができました。そしてシンバはとても英雄だと思いました。
  • 最初の朝焼けのみ本物でその他は全てCG。あえて冒頭を本物にしたのは本物を見ることにより本物以上に見えるようにという計らいだったそう。アニメだと可愛らしさ全開です。が、実写なのに可愛さがある不思議
  • 映像はとにかくリアルでCG技術に圧倒された。一方で、内容はほとんどアニメ版と同じだったので、実写版としての強みをもう少し見せて欲しかったなと感じる部分もあった。
  • →ライオン・キング(2019)をDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

    Disney+ (ディズニープラス)

    ディズニープラスで『ライオン・キング(2019)』を無料視聴しよう!

    この記事では、『ライオン・キング(2019)』の字幕・吹き替え動画を無料で観る方法を解説しました。

    『ライオン・キング(2019)』をまるごと楽しみたい人は、Disney+ (ディズニープラス)にdアカウントを使って入会をするのがベストです。

    この記事は2020年8月現在の情報です。

    詳細はDisney+(ディズニープラス)の公式サイトをご確認ください。

    →ライオン・キング(2019)をDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

    Disney+ (ディズニープラス)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください