『ジャングル・ブック(1967)』の動画フル(字幕・日本語吹き替え)の無料視聴や配信サービスは?

この記事では、『ジャングル・ブック(1967)』の動画を無料で視聴する方法を掲載します。

『ジャングル・ブック(1967)』の動画を見ることができるVODサービスは、次の通りです。

VODサービス配信比較表(2020年8月時点)

配信の有無 サービス内容
Disney+
(ディズニープラス)
見放題
吹き替えのみ
月額700円
31日間無料
U-NEXT ポイント利用で無料
字幕・吹き替え
月額1,990円
31日間無料

上記の表は、『ジャングル・ブック(1967)』が配信されているおすすめ上位2社を比較したものです。

字幕で見るか、吹き替えで見るかのお好みによってサービスを選ぶと良いでしょう。

ここでは、Disney+ (ディズニープラス)について解説します。

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスで、ディズニー好きには特におすすめのサービスです!

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作のほか、ここでしか見られないオリジナル作品も見放題で、初回31日間は無料*で利用することができます。
*dアカウントで入会した場合、初回のみ初月無料となります。

さらに、dアカウントで入会すると、Disney+ (ディズニープラス)だけでなく、アプリ「Disney DX(ディズニーDX)」も利用することができるんです。

→ジャングル・ブック(1967)をDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラスで『ジャングル・ブック(1967)』以外に楽しめる作品

Disney+(ディズニープラス)に登録すれば、『ジャングル・ブック(1967)』以外にも、視聴できる人気の映画作品が数多く用意されており、関連作品や話題作も視聴することができます。

ディズニープラスで見ることができるおすすめのディズニー作品

  • トイ・ストーリー4
  • シンデレラ
  • 美女と野獣
  • アリス・イン・ワンダーランド

Disney+ (ディズニープラス)にdアカウントで入会すると、DisneyDXアプリも使えるので、

  • 壁紙やスタンプなどのデジタルコンテンツが楽しめる
  • 新着情報(ディズニーの映画・動画・作品トリビアなど)をタイムリーに知れる
  • ディズニーホテル優待など会員限定の特典を受けられる
  • 会員さま向けのイベントや展示会への参加
  • 会員だけが購入できる限定商品の販売
  • 特別映像が見られる

など、幅広いコンテンツも楽しむことができ、ディズニー好きには、イチオシのサービスです!

視聴可能なデバイスは、テレビ、スマホ、タブレット、PCなど、最大5台まで登録でき、同時視聴は4台まで可能なのもおすすめの理由です。

→ジャングル・ブック(1967)をDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

Disney+ (ディズニープラス)

『ジャングル・ブック(1967)』の作品紹介

『ジャングル・ブック(1967)』のストーリー・あらすじ

友情のすばらしさと冒険と、ステキな歌が詰まったウォルト・ディズニーの遺作。
モーグリはジャングルを出て人間の村に戻るために、賢いヒョウのバギーラと一緒にスリルに満ちた冒険の旅に出ることに。
旅の途中で、陽気なキング・ルーイや催眠術が得意な蛇のカー、そしてのんきなクマのバルーと出会う。
バルーはモーグリに、人生において“本当に必要なもの”と友情について教える。
1967年製作。

『ジャングル・ブック(1967)』の登場人物と声優

どんな声優さんが吹き替えをやっているかもディズニー作品の魅力の一つです。

『ジャングル・ブック(1967)』の登場人物(キャラクター)と声優もこちらで紹介します。

声優
吹き替え
カー : 八代 駿
キング・ルーイ : 石原 愼一
シア・カーン(台詞) : 加藤 精三
シア・カーン(歌) : 鈴木 雪夫
ジギー : 市之瀬 洋一
ディジー : 風雅 なおと
バギーラ(台詞) : 今西 正男
バギーラ(歌) : 石塚 勇
バジー : 鹿野 由之
ハティ大佐(台詞) : 富田 耕生
ハティ大佐(歌) : 立花 敏弘
バルー(台詞) : 郷里 大輔
フラップス : 安西 康高
モーグリ : 中崎 達也
少女 : 緒方 園子
制作陣 制作監修 : 山本 千絵子
歌詞 : 片桐 和子
演出 : 山田 悦司
翻訳 : トランスグローバル
音楽演出 : 深澤 茂行

『ジャングル・ブック(1967)』の感想

  • 内容より音楽が印象的なの作品の一つなのではないかと思う。最後ってどう?誰に襲われた?と、あやふやな人も居るのでは?けれど、その中で踊り出したくなるような音楽はとても頭に残り愉快で楽しげな印象を残します
  • ストーリーはシンプルながら、古いディズニー作品ならではの音楽が素晴らしい作品。キーポイントの場面では必ず印象的な音楽がはじまり、見終わった後も耳に残る。昔の作品とは思えないほどアニメーションが綺麗。
  • →ジャングル・ブック(1967)をDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

    Disney+ (ディズニープラス)

    ディズニープラスで『ジャングル・ブック(1967)』を無料視聴しよう!

    この記事では、『ジャングル・ブック(1967)』の字幕・吹き替え動画を無料で観る方法を解説しました。

    『ジャングル・ブック(1967)』をまるごと楽しみたい人は、Disney+ (ディズニープラス)にdアカウントを使って入会をするのがベストです。

    この記事は2020年8月現在の情報です。

    詳細はDisney+(ディズニープラス)の公式サイトをご確認ください。

    →ジャングル・ブック(1967)をDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

    Disney+ (ディズニープラス)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください