『ファインディング・ドリー』の動画フル(字幕・日本語吹き替え)の無料視聴や配信サービスは?

この記事では、『ファインディング・ドリー』の動画を無料で視聴する方法を掲載します。

『ファインディング・ドリー』の動画を見ることができるVODサービスは、次の通りです。

VODサービス配信比較表(2020年8月時点)

配信の有無 サービス内容
Disney+
(ディズニープラス)
見放題
吹き替えのみ
月額700円
31日間無料
U-NEXT ポイント利用で無料
字幕・吹き替え
月額1,990円
31日間無料

上記の表は、『ファインディング・ドリー』が配信されているおすすめ上位2社を比較したものです。

字幕で見るか、吹き替えで見るかのお好みによってサービスを選ぶと良いでしょう。

ここでは、Disney+ (ディズニープラス)について解説します。

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスで、ディズニー好きには特におすすめのサービスです!

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作のほか、ここでしか見られないオリジナル作品も見放題で、初回31日間は無料*で利用することができます。
*dアカウントで入会した場合、初回のみ初月無料となります。

さらに、dアカウントで入会すると、Disney+ (ディズニープラス)だけでなく、アプリ「Disney DX(ディズニーDX)」も利用することができるんです。

→ファインディング・ドリーをDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラスで『ファインディング・ドリー』以外に楽しめる作品

Disney+(ディズニープラス)に登録すれば、『ファインディング・ドリー』以外にも、視聴できる人気の映画作品が数多く用意されており、関連作品や話題作も視聴することができます。

ディズニープラスで見ることができるおすすめのディズニー作品

  • マレフィセント2
  • ライオン・キング
  • ベイマックス
  • リトル・マーメイド

Disney+ (ディズニープラス)にdアカウントで入会すると、DisneyDXアプリも使えるので、

  • 壁紙やスタンプなどのデジタルコンテンツが楽しめる
  • 新着情報(ディズニーの映画・動画・作品トリビアなど)をタイムリーに知れる
  • ディズニーホテル優待など会員限定の特典を受けられる
  • 会員さま向けのイベントや展示会への参加
  • 会員だけが購入できる限定商品の販売
  • 特別映像が見られる

など、幅広いコンテンツも楽しむことができ、ディズニー好きには、イチオシのサービスです!

視聴可能なデバイスは、テレビ、スマホ、タブレット、PCなど、最大5台まで登録でき、同時視聴は4台まで可能なのもおすすめの理由です。

→ファインディング・ドリーをDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

Disney+ (ディズニープラス)

『ファインディング・ドリー』の作品紹介

『ファインディング・ドリー』のストーリー・あらすじ

忘れんぼうのナンヨウハギのドリー(声:エレン・デジェネレス)は突然、はぐれた家族のことを思い出す。
そしてマーリン(アルバート・ブルックス)とニモ(ヘイデン・ロレンス)と一緒に両親を探すために人生を変えるほどの旅に出る。
道中ドリーは、気難しいタコのハンクや、エコロケーションが使えなくなったと思い込んでるシロイルカのベイリー、視力が弱いジンベエザメのデスティニーと出会う。
2016年製作。

『ファインディング・ドリー』の登場人物と声優

どんな声優さんが吹き替えをやっているかもディズニー作品の魅力の一つです。

『ファインディング・ドリー』の登場人物(キャラクター)と声優もこちらで紹介します。

声優
吹き替え
10才前後のドリー : 野呂 真愛
エイ先生 : 赤坂 泰彦
ガーグル : 津田 寛治
カール : 宮谷 恵多
ギル : 山路 和弘
クラッシュ : 小山 力也
ジェニー : 高島 雅羅
ジャック : 斎藤 志郎
スクワート : 大河原 爽介
スタン : 西村 太佑
スタンの奥さん : 名越 志保
チキンフィッシュ : 京井 幸
チャーリー : 牛山 茂
デスティニー : 中村 アン
デブ/フロー : 合田 絵利
ドリー : 室井 滋
ニモ : 菊地 慶
バブルス : 清水 明彦
ハンク : 上川 隆也
ピーチ : 定岡 小百合
ビル : 立木 文彦
フルーク : 玄田 哲章
ブロート : 乃村 健次
制作陣 作詞/作曲(アンフォゲッタブル) : アーヴィング ゴードン
制作監修 : 川崎 裕子
制作監修 : 船橋 美里
海洋生物監修 : さかなクン
演出 : 木村 絵理子
翻訳/訳詞 : 佐藤 恵子
翻訳監修 : James Hubbert
音楽演出 : 市之瀬 洋一

『ファインディング・ドリー』の感想

  • 忘れん坊のドリーが一生懸命思い出しながら両親を探すストーリーに涙が止まりませんでした。とてもおすすめです。
  • ドリーの小さいときの何でもすぐ忘れちゃうの姿がものすごく可愛いです。両親を探しに旅に出て、イルカのベイリーの江コロケーションがすごい特技だが笑える。ベッキーに助けを求めるニモ達もかわくて楽しいです。
  • 物忘れの激しいドリーが、新たないろんな仲間たちと出会い、両親のもとに帰るための冒険を描いています。笑えるのに最後なはウルっとくる、とても良い作品だとおもいます。
  • すぐ忘れちゃうドリーが全部思い出したときのシーンは鳥肌がたちました。「道は1つじゃない」というとこも良かったです。視聴後は、いろんな視点から物を見るよう意識するくらい、影響された映画でした。
  • →ファインディング・ドリーをDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

    Disney+ (ディズニープラス)

    ディズニープラスで『ファインディング・ドリー』を無料視聴しよう!

    この記事では、『ファインディング・ドリー』の字幕・吹き替え動画を無料で観る方法を解説しました。

    『ファインディング・ドリー』をまるごと楽しみたい人は、Disney+ (ディズニープラス)にdアカウントを使って入会をするのがベストです。

    この記事は2020年8月現在の情報です。

    詳細はDisney+(ディズニープラス)の公式サイトをご確認ください。

    →ファインディング・ドリーをDisney+で視聴するにはこちらをタップ!

    Disney+ (ディズニープラス)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください